指輪の豆知識|ダイヤモンドは結婚に合う宝石|指輪を選ぶ時はこれで決まり

ダイヤモンドは結婚に合う宝石|指輪を選ぶ時はこれで決まり

カップル

指輪の豆知識

手

ダイヤモンドを知る

婚約指輪は、多くの場合ダイヤモンドの入ったものが選ばれます。婚約指輪イコールダイヤモンドの指輪、と言ってもいいほど、イメージとしても切っても切れないものです。その変わらない輝きを「永遠の愛」に譬えられるダイヤモンドですから、正しい知識を持って慎重に選びたいものです。ダイヤモンドの品質は、「4C」と呼ばれる国際的な基準で決められます。4つのC、つまりカラット(Carat=重量)、カラー(Color=色)、クラリティ(Clarity=透明度)、カット(Cut=全体の形のバランスと研磨の仕上げの状態)です。4つそれぞれに独自のランク付けがあり、グレードが上になればなるほど希少性と価値が増します。この組み合わせで、ダイヤモンドの価値が決まるのです。

何を重視するか

婚約指輪に使われるダイヤモンドは、ある程度以上の品質のものです。大きさは0.3カラット以上、色は肉眼で無色透明に見える範囲内、透明度は肉眼で傷や内包物が確認できない範囲内、カットはエクセレント(最上レベルから3つめ)以内というのがひとつの基準です。もちろん、全てにおいて最高ランクのダイヤモンドを選べるならば、何の問題もありません。しかし、限りある予算内でできるだけ満足のいく婚約指輪を手にしたいなら、最も重視するのが何かを絞ることが不可欠です。例えば、見た目のゴージャスさを重視し、できるだけ大きなダイヤモンドにしたい場合は、カラーやクラリティをぎりぎりまで下げて、カラット重視で選べばよいでしょう。小さめでもキラキラ輝くのがいいなら、大事なのはカットです。あくまで全体のバランスを見ながらですが、選択の幅は意外と広いのです。